【ゲレンデレポート】世界レベルのハーフパイプと安定のパーク!石打丸山スキー場

みなさんは石打丸山スキー場に行ったことがありますか?

湯沢エリアのゲレンデで塩沢石打ICからも激近の非常に行きやすいゲレンデです。

石打丸山と言えばパークのイメージですが、それだけでなくいろいろなユーザーのニーズに応えるゲレンデになっているので、今回ご紹介したいと思います!

この記事はどんな人向け?
・ハーフパイプを本気で楽しみたい人
・パークで存分に遊びたい人
・ファミリーエリアもあるゲレンデを探している人
・湯沢エリアのゲレンデを探している人

目次

  1. ゲレンデ情報
  2. ポイント
  3. 注意点
  4. アクセスプラン
  5. おわりに

ゲレンデ情報

基本情報

所在地: 〒949-6372 新潟県南魚沼市石打1655 Google MapYahoo!地図
電話:025-783-2222
駐車場:平日・ナイター無料、土日祝1000円
最寄IC:関越自動車道 塩沢石打ICより約5分
営業時間・料金などはその他詳細は公式ホームページ:http://ishiuchi.or.jp/
ハーフパイプ専用パージ: https://www.ishiuchi-web.com/w_monster.htm
Twitter:https://twitter.com/ishiuchi_IM
Instagram:https://instagram.com/ishiuchimaruyama/
Facebook:https://facebook.com/ishiuchimaruyama/

▲目次へ戻る

コース

引用元:石打丸山スキー場公式サイトより

北口、中央口、ハツカ石口と入り口があちこちに分かれている珍しいゲレンデです。

3か所の山麓にはキッズパークがあり、メインコースとは隔離されたところで遊べるのは家族連れには魅力だと思います。

石打丸山スキー場単独ではそこまで大きなスキー場ではないですが、山頂ではGALA湯沢スキー場と接続しており、その奥はさらに湯沢高原スキー場と接続しているので、合わせると広大なゲレンデです。

一方、パークは充実しており、

  • ビギナーエリア
  • ジャンプエリア
  • ジブエリア
  • ハーフパイプ

と分かりやすく分かれているのが特徴です 。
アイテムの数やバリエーションも多い印象です。

引用元:石打丸山スキー場公式サイトより

ハーフパイプはモンスターパイプの名に恥じない世界基準のサイズで、登録制&別料金で運用されています。詳細はこちら

ここまで巨大なハーフパイプは他にはないので、ハーフパイプ好きは必見ですね。

▲目次へ戻る

今年の情報

2019-2020年シーズンは、2020年1月24日現在、各駐車場に至る下山コースにあたるような場所や非圧雪系のコースがクローズしています。

また、パークもビギナーパーク以外はクローズしている状況です。

1月21日に降雪があり、22日はコンディションが良かったんですが、そこからはまた下り坂です。

▲目次へ戻る

ポイント

モンスターパイプの名に恥じない巨大なハーフパイプ

石打丸山のハーフパイプは世界基準のサイズと徹底した整備で相当なクオリティです。

ハーフパイプにここまで力を入れているゲレンデはあまりないのではないでしょうか?

上述のようにシーズンごとに登録制&別料金にはなるのですが、ハーフパイプ好きはなんとしても行きたいゲレンデです。

▲目次へ戻る

全長500mのビッグパーク

上述のハーフパイプだけでなく、パークも名物でビギナー、ジャンプ、ジブとタイプ別にいろいろと置いてあります。

ビギナーパークが別ではなく、同じところにあるのもうれしいですね。

公式で動画を見ることができますが、特に1本目の動画はフルオープン時のパークの全貌が冒頭で分かります

▲目次へ戻る

各ベースにあるキッズゲレンデ

ハーフパイプやパークにイケイケな感じかと思いきや各ベースにキッズゲレンデが用意されているのはファミリーにも配慮が合っていいですね。

中央口のところのISHIUCHI SNOWLANDは入場は有料ですが、スノーエスカレーター完備でスノーレーサー(ブレーキ付きのソリ)や通常のソリなど存分に楽しめそうです。

初めてのスキーの練習も通常のコースと別のエリアで練習できるので安心です。

引用元:石打丸山スキー場公式サイトより

▲目次へ戻る

注意点

短いリフトが多い

中央口からはサンライズエクスプレスというゴンドラとリフトが同じラインで走っているという珍しいタイプのものができて大幅に輸送力が向上していますが、上に上がった後は、短めのリフトが多くけっこう混雑しています。

ロングコースを何度も回すというのには向いていないと思います。

▲目次へ戻る

アクセスプラン

①自家用車

車をお持ちの人は自家用車で向かうと思います。

石打丸山は塩沢石打ICから降りてすぐなので、車をお持ちであればマイカーアクセスがオススメです。

近いですが、関越自動車道でチェーン規制などがあったりするので、スタッドレスタイヤorチェーンを確実に準備して向かってくださいね。

カーナビセット⇒ Google MapYahoo!地図

 

石打丸山スキー場 マイカー日帰りプランを探す

石打丸山スキー場 宿泊付きマイカープランを探す

▲目次へ戻る

②日帰りバスツアー

石打丸山はパークやハーフパイプもあり、若者や初心者に人気のゲレンデです。

客層としては、まだ車を持っていない学生や若い社会人も多く含まれると思います。

ですのでその場合のアクセスは日帰りバスツアーがオススメです。

バスツアーなら車がなくてもリーズナブルに、そして湯沢エリアなら時間もそんなにかけずにアクセスできますので、日帰りのバスツアーを検討してみてはいかがでしょうか?

関東朝発 石打丸山スキー場 行 日帰りバスツアーを探す

▲目次へ戻る

③新幹線ツアー

石内丸山は越後湯沢駅からシャトルバスがあるので、新幹線プランも非常に便利です。(公式HP

石打丸山スキー場 JR・新幹線 日帰りプランを探す

石打丸山スキー場 JR・新幹線 宿泊付きツアーを探す

▲目次へ戻る

おわりに

ハーフパイプ・パーク・キッズゲレンデと3拍子揃った石打丸山スキー場について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

老舗のスキー場のイメージでしたが、最近はゴンドラやスキーセンターが新しくできたりでだんだんリニューアルしてきています。

それに伴い、いろいろなニーズに応えるゲレンデになってきているので、どんなニーズの人も楽しめると思います!
ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

▲目次へ戻る

帰り道に日帰りの温泉に行きたいという人はぜひこちらもご覧ください。

まるまる
  • まるまる
  • しがないサラリーマン。
    多趣味で休日は気ままに過ごす。
    最近長男が生まれ、一児の父となった。
    つまりしばらく外には出づらくなったが、アウトドアでいかに家族を巻き込むか思案している。

4件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です