【ゲレンデレポート】白馬乗鞍温泉スキー場は混雑少なめの初心者・ファミリーに優しいゲレンデ!

みなさんは白馬乗鞍温泉スキー場へ行ったことはありますか?

「はくのり」の愛称で親しまれますが、白馬の中では少しマイナーな印象かもしれません。

白馬エリアでは少し奥まったところにあり、白馬コルチナスキー場と隣接しています。

用途によってはけっこう狙い目のゲレンデだと思うので、紹介します。

この記事はどんな人向け?
・白馬エリアで比較的すいているゲレンデを探している人
・降雪直後のパウダーが楽しめるゲレンデを探している人

目次

  1. ゲレンデ情報
  2. ポイント
  3. 注意点
  4. アクセスプラン
  5. おわりに

ゲレンデ情報

基本情報

所在地:〒399-9422 長野県北安曇郡小谷村白馬乗鞍高原 Google MapYahoo!地図
電話:0261-82-2811
駐車場:1,000台、24時間開放、無料(若栗ゲレンデ側)
最寄IC:長野自動車道  安曇野ICより約60km、約70分
    上信越自動車道 長野ICより約60km、約70分
    北陸自動車道  糸魚川ICより約40km、約40分

営業時間・料金などその他詳細:公式ホームページ

オフィシャルブログ:ゲレンデレポートby snownavi
Twitter:@hakubaalps(従業員だけど非公式らしい)
Instagram:@hakunori.898(アカウントはあるが、投稿なし)
Facebook:白馬乗鞍温泉スキー場パトロール

▲目次へ戻る

コース

引用元:白馬乗鞍温泉スキー場公式サイトより

概説

白馬乗鞍温泉スキー場は白馬コルチナスキー場と隣接しているスキー場でリフト数9、コース数12の中規模ぐらいのゲレンデです。

コルチナとの共通券も販売されているので両方滑ることができますが、やや横長のレイアウトになっていてリフトの乗継は少し大変かもしれません。

コースの比率は中級が一番多くなっており上級コースは少ないですが、非圧雪のスネークコーススカイビューゲレンデは最大斜度38°と少ないながらも上級コースはかなり滑りごたえのある斜面です。

中級のラビットコースやカモシカコースは滑っていて気持ちのいいちょうどいい斜面です。

▲目次へ戻る

パーク

第5高速ペアリフト沿いのラビットコースの下あたりにアルプススノーパークがあります。

ウェーブとバンク、キッカーが設置されており、ジブアイテムは設置されていないようです。

パーク目当てになるようなタイプのパークではないかなと思います。

▲目次へ戻る

ファミリー

ファミリー向けのコースは何と言ってもはくのりファミリーコースかなと思います。

平均斜度5°、最高斜度10°の緩斜面はもはや平らといってもいいぐらいの緩斜面なので、子供のデビューゲレンデにはいいと思います。

ここまで緩いと恐怖心も生まれづらいと思うので、怖がりなお子様にもオススメです。

少しでも滑れるようになったら、他の斜面にすぐにステップアップしたくなると思います。

また、キッズパークは山麓の白馬アルプスホテルを出てすぐのところにありますので、アクセスしやすくて便利です。

スノーエスカレーターはないですが、ネットで囲まれていて遊具があり、無料で利用可能なのはうれしいです。

▲目次へ戻る

今年の情報

2020年2月29日現在

積雪115cm、一応全面滑走可となっています。

が、急斜面は安全確認後にオープンなのと、ブッシュが出ていて規制されているところはあったりするので注意してください。

直近はちょうど降雪があったところで、コンディションは上々です!

▲目次へ戻る

ポイント

降雪直後のパウダー

パウダーやツリーランで有名なコルチナのお隣というだけあり、はくのりも降雪後のパウダーのクオリティは高いです。

後述のように混雑も少なめなので、降った直後は狙い目のゲレンデです。

▲目次へ戻る

比較的すいているゲレンデ

白馬エリアには有名なビッグゲレンデが多いこともあってか、少し奥まったところに位置するはくのりは空いていることが多いです。

ファミリーには空いている緩斜面は魅力的だと思います。

子供の練習も広々とすることができます。

▲目次へ戻る

注意点

少し横移動が多め

ゲレンデマップを見ると分かるのですが、全体的に横長のゲレンデになっています。

リフトも放射状というよりは数基ごとに平行に設置されているので、ボーダーの人は少し移動が面倒な場面があるかもしれません。

▲目次へ戻る

アクセスプラン

白馬の中では少し奥まったところにありますが、白馬自体がいずれのアクセスでも遠いため、もはや白馬内のアクセス差はほとんど誤差です。

遠いのと目の前に白馬アルプスホテルがあるので、宿泊プランが充実しています。

自家用車

一番融通が利くのがマイカープランですね。

ただ、白馬で当然路面凍結の可能性が高いので、スタッドレスタイヤorチェーンを確実に準備して向かってくださいね。

カーナビセット⇒ Google MapYahoo!地図

白馬乗鞍温泉スキー場 宿泊付きマイカープランを探す

▲目次へ戻る

バスツアー

白馬エリアは高速のICからも新幹線の駅からも遠いため、意外とバスツアーが楽かもしれません。

もちろんレンタル込みのプランもあるので、お得に荷物を減らすことも可能ですし、バスツアーも検討してみてはいかがでしょうか?

関東朝発 白馬乗鞍温泉スキー場 行 宿泊付きバスツアーを探す

▲目次へ戻る

新幹線ツアー

意外とバスツアーが楽だとは思いますが、移動時間の短さや快適性ではやはり新幹線に軍配があがります。

特に子連れの場合などでマイカーをお持ちでない場合などは、特に新幹線がオススメです。

新幹線の場合は長野駅まで行き、そこからバスになります。

もちろん予約も可能ですし、予約しなくても乗れる便もあります。

白馬乗鞍温泉スキー場 JR・新幹線 宿泊付きツアーを探す

▲目次へ戻る

おわりに

白馬乗鞍温泉スキー場について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

混雑が少なめでものすごい緩斜面があったりということで、初心者や家族連れの人は安心して練習ができるのでオススメです。

確かに白馬エリアのゲレンデで1stチョイスにはならないかもしれませんが、メジャーなゲレンデは一通り言ったという人はぜひ足を運んでみると新たな発見があると思います。

▲目次へ戻る

まるまる
  • まるまる
  • しがないサラリーマン。
    多趣味で休日は気ままに過ごす。
    最近長男が生まれ、一児の父となった。
    つまりしばらく外には出づらくなったが、アウトドアでいかに家族を巻き込むか思案している。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です