【キャンプ場レポート】自然とふれあう!本栖レークサイドキャンプ場

皆さんは湖畔サイトのキャンプ場って行ったことありますか?

草原サイトみたいに開放感のあるキャンプ場はとても気持ちがいいものですが、たまには湖畔サイトでひっそりキャンプ、なんてのもなかなかオツなもんです。

今回はそんな湖畔サイトのキャンプ場でオススメな「本栖湖レークサイドキャンプ場」をご紹介します。

この記事はどんな人向け?
・湖畔サイトに興味がある人
・富士山周辺のキャンプ場を探している人
・ソロキャンの行き先を探している人
・ファミキャンの行き先を探している人

目次

  1. 基本情報
  2. ポイント
  3. 注意点
  4. おわりに

基本情報

・住所:山梨県南都留郡冨士河口湖町本栖大久保19
・電話:0555-87-2093
・値段:テント・タープ(一張・一泊)1,150円 + 駐車料(一台・一泊)1,150円 + 中学生以上700円、子供450円
ホームページ
・買い出しスーパー:マックスバリュ富士河口湖店
・最寄コンビニ:ヤマザキYショップ 精進湖店、セブンイレブン 山梨鳴沢店

▲目次へ戻る

ポイント

・湖畔サイトである

何よりこれにつきます。
ここはキャンプ場として大きいわけではないのですが、全サイトが湖に面したところにあります。
夏は湖水浴もできるようで子供たちは喜びそうです。

▲目次へ戻る

・アクティビティが豊富

二人乗りのカヌーやボート、釣り竿などがレンタルでできます。
僕が行ったときはカヌーを借りてみました。
初めてでも結構普通に進むので楽しかったです。
ただ、風がある日は波がそこそこあるのでお気をつけて。

▲目次へ戻る

・富士山が見える

湖ごしの富士山はなかなかの一押しポイントです。
真正面ではないのが残念なところですが、先ほどのカヌーに乗ってるとちょうど見えてきます。
カヌーに乗らなくても湖に向かって右のほうに行けば見えると思います。

▲目次へ戻る

・枝や松ぼっくりは豊富に落ちている

アカマツっぽい針葉樹の枝が多かったです。
つまり焚き火用の火種には困らないので、鋸やナイフを持っていくと焚き火も楽しめると思います。
薪ももちろん売っているのでご安心を。

拾った枝たち

▲目次へ戻る

・バイクのソロキャンパーにもおすすめ

以前行ったときはバイクのソロキャンパーも1割ぐらいいました。
専用と思われるコンパクトなサイトもあったので、わりと過ごしやすいのでは?

▲目次へ戻る

注意点

・春から夏にかけてしか開いてない

例年3月から8月ぐらいの営業のようです。
ここは標高も高めなので、寒くなりすぎるからかもしれませんね。

▲目次へ戻る

・テントとタープは別料金

テントとタープはひと張ごとに料金がかかります。
サイトもそんなに広くないので、テントだけに絞ってもいいかもです。

▲目次へ戻る

・区画サイトは若干傾斜あり

区画サイトは若干小さいですが、車とテントとかは余裕で置けます。
タープとかは張り方によっては少し張りづらいかもです。

あとは若干傾斜があるので、テント内の配置には注意してください。
傾斜に対して横向きだと少し転がるかもしれません。

▲目次へ戻る

・風が強いときは本当に強い

おそらく正面にある毛無山と思われる山からけっこうな風が吹き降ろしてきます。
そのときはタープ厳しいと思いますね。
無理して立てても崩れて燃えるだけなので、そういうときは潔く諦めましょう。
ちなみに最初はタープも張るつもりだったんですが、強風で張れなくて諦めたら返金してくれました。

▲目次へ戻る

・トイレは紙を持参

トイレットペーパーは要持参です。
そうでなくてもキャンプの時は1ロールあると何かと便利ですね。

▲目次へ戻る

・朝昼の寒暖差に注意

割と標高が高めなので寒暖差は激しいです。
夏の昼は湖水浴できるほどですが、夜は冷えるときもあると思うので、気をつけてください。

▲目次へ戻る

おわりに

湖畔キャンプにおすすめの本栖湖レークサイドキャンプ場を紹介しました。

自然がたくさんなので、いつもより自然と一体になれるキャンプができること請け合いです。

ソロの人も家族連れの人も是非行ってみてはいかがでしょうか?

▲目次へ戻る

周辺の温泉施設についてはこちらの記事をご覧ください。

まるまる
  • まるまる
  • しがないサラリーマン。
    多趣味で休日は気ままに過ごす。
    最近長男が生まれ、一児の父となった。
    つまりしばらく外には出づらくなったが、アウトドアでいかに家族を巻き込むか思案している。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です