【ゲレンデレポート】NASPA SKI GARDENは湯沢エリアでも珍しいスキー専用!

みなさんはNASPA SKI GARDENに行ったことがありますか?

NASPAは湯沢駅から10分もかからないところに位置し、なんとスキー限定のゲレンデになります。

昔は同じゲレンデの中でもコースごとにボーダー専用・スキーヤー専用などと分かれていることもありましたが、昨今はボーダー人口も多いので、一緒になっているところが多くなりました。

そんな中、子供に安心してスキーだけで練習をさせられる場所が減ってきましたが、NASPAはそんなゲレンデのうちの1つです。

この記事はどんな人向け?
・スノーボード禁止のゲレンデを探している人
・湯沢エリアのファミリーゲレンデを探している人

目次

  1. ゲレンデ情報
  2. ポイント
  3. 注意点
  4. アクセスプラン
  5. おわりに

ゲレンデ情報

基本情報

所在地:〒949-6101新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2117-9 Google MapYahoo!地図
電話:025-780-6111
駐車場:2000台無料
最寄IC:関越自動車道 湯沢ICより約4km、約7分
営業時間・料金などその他詳細は公式ホームページ:https://naspa.co.jp/ski/

Instagram:NASPAスキーガーデンNASPAニューオータニ
Facebook:NASPAスキーガーデン(naspa ski garden)

▲目次へ戻る

コース

NASPAコースマップNASPAコースガイド

NASPAのゲレンデは極めてシンプルな構成で、リフトは5つ、コースは8+3です。

+3はキッズガーデン、モーグルコース、スロープスタイルを別に数えた場合です。

標高を見ても分かる通り、山頂690m・山麓430mと非常にコンパクトにまとまっています。

街中から見ると山麓のホテルニューオータニの方が存在感があるほどです。

一応上級コースもありますが、これだけの標高差しかないので初級者コースが中心のゲレンデになります。

キッズパークは当然あり、ピングーキッズガーデンに加え、室内のピングーキッズルームもあります

ピングーキッズガーデンはスノーエスカレーターもあり、まだスキーができない子供がソリで遊ぶことができます。

やはり子供のデビューゲレンデとしての使い方が1番マッチするかなと思います。

これだけファミリー向けを全面に押し出してくるわけですが、意外なことにスロープスタイルというパークがあり、キッカー・ボックス・レールが広々と配置されています。

▲目次へ戻る

今年の情報

2020年1月28日現在、モーグルコースとスロープスタイル以外はオープンしています。

ゲレンデの状況はライブカメラ含めてこちらにありますが、なかなか厳しそうです。

下のほうは雪が透けて地面が見えていますし、完全に地面が露出して立ち入り禁止になっているところもあります。

1月28日の風や雨の影響が気になりますが、SNS上でも基本的にいい話は見られないので、好転はしていないようです。

▲目次へ戻る

ポイント

安全・安心のboarderレスのスキー場

1番の特徴はやはり何と言ってもスキー限定なところです。

最近はスノースクートなどもあったりしますが、あくまで2本の板で滑るものに限り利用可能とのことで、安全・安心です。

スノーボードだけが危ないとは思いませんが、滑っているときの視野を考えると、どうしても混在することのリスクはあると思うので、スキーのデビューゲレンデとしては分離しているのがベストかなと思います。

緩斜面が多く、初めは少し恐怖心がある子供や大人でもブランクのある人は練習にいいと思います。

▲目次へ戻る

アクセスの良さ

湯沢エリアは駅と高速道路のICが隣接しているので、どのような手段で行くにしてもアクセスは良いか悪いかがはっきりします。

NASPAへのアクセスは極めて良く車で来ても湯沢ICから10分以内で駐車場も無料、新幹線で来ても越後湯沢駅からバスで3分ほどです。

バスはいずれも無料ですが、宿泊者専用のシャトルバスと市内循環のものがあるので、注意して下さい。

▲目次へ戻る

注意点

ファミリーゲレンデ色の強さ

やはり上述のように、ゲレンデ構成的にも施設的にもファミリーゲレンデ色は強めです。

ガンガン滑りまくるというのにはあまり向かないと思います。

むしろじっくり落ち着いて自分のペースで練習というのにはうってつけだと思います。

▲目次へ戻る

全体的にラグジュアリー

食事や施設含め、全体的にラグジュアリーな分、お値段は少し高めです。

ホテルニューオータニ併設でバブル期にできたということもあり、リゾートという位置づけは今でも変わっていないのかもしれませんね。

宿泊の場合は当然ホテルにも泊まることになるので、リゾート感はより楽しめると思います。

▲目次へ戻る

アクセスプラン

湯沢ICも越後湯沢駅も近いということで、車でも新幹線でもアクセス良好です。

いずれにしても正面にNASPAニューオータニがあるので、せっかくならば宿泊プランがオススメです。

マイカープラン

なんだかんだでファミリーだと移動が楽なのでマイカーアクセスの人が多いでしょうか。

マイカーアクセスだと当然選択肢は多く、部屋のグレードや食事の有無で自由に選ぶことができます。

各々のニーズやプランに合わせて合うものを探してみてはいかがでしょうか?

NASPA SKI GARDEN 宿泊付きマイカープランを探す

▲目次へ戻る

往復新幹線付きプラン

湯沢であれば新幹線が非常に便利なので、運転手も含めてラクラクアクセスにしてしまうのも良いかと思います。

特にJTBのダイナミックパッケージなら新幹線と宿が自由に組み合わせることができるため、自由自在にプランを組むことができオススメです。

新幹線の時間を選ぶだけで、部屋の選び方は実質マイカーアクセスをするときと同様ですので、部屋のグレードやタイプ、食事の有無で選ぶことが可能です。

<ダイナミックJTB>というものから好きなものを選んでみてください。

NASPA SKI GARDEN JR・新幹線 宿泊付きプランを探す

▲目次へ戻る

おわりに

NASPA SKI GARDENについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

昨今では絶滅危惧種ともいえるスキー限定ゲレンデは、ファミリーには貴重な存在と言えると思います。

湯沢からのアクセスの良さもあるので、のんびり家族とリゾートを楽しみつつ、スキーも楽しむ感じで足を運んでみてはいかがでしょうか?

▲目次へ戻る

NASPAにも温泉施設がありますが、湯沢エリアには他にも温泉がありますので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

まるまる
  • まるまる
  • しがないサラリーマン。
    多趣味で休日は気ままに過ごす。
    最近長男が生まれ、一児の父となった。
    つまりしばらく外には出づらくなったが、アウトドアでいかに家族を巻き込むか思案している。

2件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です